STEADY

ステディ

デザイナー金子正嗣氏が2012年に立ち上げたジャパンブランド。
福井県鯖江市のメーカーで10年間、産地工場の技術や職人の手仕事を間近で見てものづくりを学び、その後上京しアイウェアブランドのトータルプロデュース及びアパレルブランドなどのデザインを経たのちに”The Ordinary Spectacles”をコンセプトに独立。

時代の流れに自分らしいスタイルを重ね合わせることの出来る上質・スマートで可愛い”The Ordinary Spectacles”(直訳は普通なメガネ)をブランドコンセプトに、シンプルなフォルムとクリーンなデザイン、そして「MADE IN JAPAN」の徹底した品質重視の安定したものづくりをSTEADYは発信し続けています。

STEADY最新の入荷情報はこちら

ー STEADY / STD-10 ー

STEADYの象徴的なメタルラウンドフレーム。真ん丸ではなく少し縦幅を狭くすることにより、掛けた時に真ん丸に見えるようラインが引かれています。パッドがなく鼻の頭に載せる一山ブリッジがデザインをすっきり見せてくれます。

ー STEADY / STD-53 ー

2018Spring/Summerモデル。STEADY得意のパッドがなく鼻の頭に載せる「一山ブリッジ」を採用したメタルフレーム。丸くも四角くもないボストンウェリントンシェイプでクラシックになり過ぎない丁度良い佇まいのデザインに仕上がっています。

ー STEADY / STD-103 ー

2022AWリリース。STEADYよりクラウンパント・オールセルフレームの解釈。

ー STEADY / STD-104 ー

2022AWリリース。ジャストなサイズ感のボストンウェリントンフレーム。

ー STEADY / STD-109 ー

2023SSリリース。ミドルサイズの、絶妙に顔馴染み良いヘキサゴン(六角形)セルフレーム。

ー STEADY / STD-13 ー

撥ね上げウェリントンフレーム。昔からあるようなオーソドックスなデザイン。手元を見るときにメガネを外してしまう方、遠近両用が慣れなかった方におススメいたします。昔気質な一枚です。

Blog

new

EYEVAN / ALBEDO パリジャンスタイル

通称フレンチアーネルと呼ばれる50年代のフレンチヴィンテージをベースに、ウェリントン型とクラウンパント型の中間的なレンズシェイプとホーンリムを融合させるという、時代を超えたデザインMIXがEYEVANらしいモデル。EYEVAN ALBEDO|¥40,000+税

more→
new

ROBERT 最新ウェリントン / BOSTON CLUB

2024S/S最新モデル。心地よいボリューム感にやや直線的なシルエットのウェリントン。力強いフロントトップと下に向かって絞ったレンズシェイプが掛けた際の全体の雰囲気をぐっと引き締めます。ボストンクラブ ROBERT|¥32,000 +税

more→
new

EYEVAN / WEBB PBK 全サイズ入荷

ボストンウェリントンフロントにオリジナルのカシメ飾りを採用したモデル。今回PBKカラーの4サイズすべて揃いました! ライトカラーレンズサングラスもご用意しております!EYEVAN WEBB ¥37,000+tax

more→
new

kearny / hans 一山クラウンパントメタルフレーム

日本人に合わせて鼻が密着するように工夫し生み出されたのがノーズパッドのない『一山式(イチヤマ)』眼鏡。クラウンパントのシンプルなメタルフレームで、全体の線が細く男女問わずシンプルな印象で着用頂けます。kearny / peaks|¥39,000+税

more→

Access

〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-13-11 ライラックハウス2F
TEL & FAX 03-6416-5573
(中目黒駅から池尻大橋方面へ目黒川沿い徒歩7分)

hours:open 12:00 / close 18:30 (定休日なし)
TEL & FAX :03-6416-5573
mail : info@props.tokyo