BOSTON CLUB

ボストンクラブ

1984年、創立時に製造していた社名を冠したブランド“ボストンクラブ”
今では見かけなくなったセル巻きや、彫金模様のフレーム、伝統を着崩したプレッピーな跳上げに、メタルとプラのコンビ枠など、当時の若者の間で流行していた少しルーズでクラシカルなトラッドスタイルを今のデザインの中に落とし込み、新しいブランド”BOSTON CLUB”として蘇らせました。
同社で保管されていた約30年前の金型や図面を利用した優れたデザインの復刻を軸に、メイドインジャパンの新たなジャパニーズトラディショナルを提案し、モノづくりの原点と理想を追い求めています。

BOSTON CLUB最新の入荷情報はこちら

ー BOSTON CLUB / FISHER ー

撥ね上げサーモントブローフレーム。サングラスでも使用出来る大きめなサイズ感です。手元を見るときにメガネを外してしまう方、遠近両用が慣れなかった方におススメいたします。

ー BOSTON CLUB / TAYLOR ー

撥ね上げサーモントブローフレーム。オーセンティックでオーソドックスなデザイン、そして丁度良いサイズ感です。

ー BOSTON CLUB / DANIEL ー

2015A/Wモデル。フロント・テンプル共にチタンを採用したオールチタンセル巻きボストンフレーム。ジャパンブランドらしく日本人の顔に合い易い横に長いデザインは秀逸です。

ー BOSTON CLUB / WESTON ー

ファーストコレクション。メタルP3(ボストン)フレーム。以前使用していた型を再使用したとはいえ彫金・品質並びデザインに手を抜くことなく、このプライスは称賛に値します。ボストンフレームビギナーもマスターもお気に召して頂ける名作です。

ー BOSTON CLUB / HOLLY ー

丸みのあるボストンシェイプをベースに、フロント上部が直線に近いラインの「クラウンパント」のメタルラウンドフレーム。

ー BOSTON CLUB / RORY ー

2020SSモデル。少し個性的なヘキサゴン型(六角形)インナーセルメタルフレーム。

ー BOSTON CLUB / DOVER ー

プラスティックのラウンドフレーム。人気高いフラットレンズと昔ながらのカシメ作り。

ー BOSTON CLUB / HUDSON ー

2019A/Wモデル。シンプルで美しいフロントシェイプに掛け心地の良いメタルノーズパッド、高級感あるテンプル飾りで他とは違う雰囲気を生み出しています。

ー BOSTON CLUB / STEVE ー

2021SSモデル。少し華奢で大きめのシェイプ、クラシカルなサイドメタルでクロスオーバーな90年代初頭を彷彿。当時の”クロブチ”テイストをモダナイズしたモデル。

Blog

new

NATIVE SONS ネイティブサンズ / ASTON Sun ラウンドメタルサングラス

ほぼ真円(真ん丸)だが、下方を少し外側にズラすことで新たな玉型を生み出しました。「大きめのサイズ感」「高めに配置された無骨なブリッジ・智」で独自性の高いデザインに仕上げています。native sons ASTON Sun|¥45,000+税

more→
new

新規ブランド “E5 eyevan” / p1

フロントは高密度で変形が少なく、人体からの影響を受けにくく、経年変化がしにくい特殊なプラスチックを使用。形状としては少し横長で顔馴染み良いオーセンティックなボストン・P3シェイプ。新規ブランド E5 eyevan p1|¥43000+税

more→
new

EYEVAN / MASON クラウンパントフレーム

2022S/S最新作。EYEVANが考えるフレンチヴィンテージを、エッヂのある肉厚なフロントと極太なワイドテンプルによって表現したモデル。細部まで忠実にヴィンテージの ディテールにこだわった。EYEVAN MASON|¥31,000+税

more→
new

NATIVE SONS ネイティブサンズ / ROYSTON ストロベリーシェイプメタル

惜しまれつつ廃盤となった人気モデル「ROY」の後継モデル。ストロベリーシェイプと呼ばれる、四角と丸を掛け合わせたレンズシェイプは他にはないオリジナリティを感じさせます。native sons ROYSTON|¥41,000+税

more→

Access

〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-13-11 ライラックハウス2F
TEL & FAX 03-6416-5573
(中目黒駅から池尻大橋方面へ目黒川沿い徒歩7分)

hours:open 12:00 / close 20:00 (定休日なし)
TEL & FAX :03-6416-5573
mail : info@props.tokyo