MAX PITTION

マックスピティオン

マックスピティオンは、1921年、フランスアルプスの南ジュラにある小さな町オヨナで生まれました。
マックスの父であるエミール・ピティオンは1940年代、家内工場であるピティオン・ルネッテリアでセルロイド眼鏡の生産をしていました。
第二次世界大戦後の1945年、マックスは実家の眼鏡工場で働くようになり、その後これを継ぐことになりました。

マックスは眼鏡製造組合である「chamber syndicale de la lunetterei(眼鏡組合協議会)」の会長になり、1967年には、現在世界最大で最も有名なアイウェア展示会「シルモ・パリ国際眼鏡見本市(silmo)」の創設メンバーの一人となりました。

マックス没後4年となる2013年、ギタリストのジョン・メイヤーが権利を譲り受け、ブランドは復活をしましたが、わずか数年で休止状態に。
現在はマックスのご子息、バーナード・ピティオンが、日本を拠点に活躍するクリエイティブディレクター、タミー・オガラにブランドの復活を委ね、2023年2月、ブランドを再始動させました。

※MAX PITTIONの商品はブランド側の意向により、ショッピングカートでの販売が制限されております。
ご入用の際はお手数をおかけいたしますが、各ページ下部のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

MAX PITTION最新の入荷情報はこちら

ー MAX PITTION / CASSE ー

抜群の重厚さと滑らかで美しい丸みを帯びた極厚ウェリントンモデル。

ー MAX PITTION / HUGO ー

8.0mmの生地より削り出したフチに厚みがあり存在感あるクラウンパントモデル。

ー MAX PITTION / MAESTRO ー

フロントは7.0mmの生地より削り出し、柔らかな丸みを帯びた厚みあるパントゥ(ボストンシェイプ)モデル。

Blog

new

EYEVAN / ALBEDO パリジャンスタイル

通称フレンチアーネルと呼ばれる50年代のフレンチヴィンテージをベースに、ウェリントン型とクラウンパント型の中間的なレンズシェイプとホーンリムを融合させるという、時代を超えたデザインMIXがEYEVANらしいモデル。EYEVAN ALBEDO|¥40,000+税

more→
new

ROBERT 最新ウェリントン / BOSTON CLUB

2024S/S最新モデル。心地よいボリューム感にやや直線的なシルエットのウェリントン。力強いフロントトップと下に向かって絞ったレンズシェイプが掛けた際の全体の雰囲気をぐっと引き締めます。ボストンクラブ ROBERT|¥32,000 +税

more→
new

EYEVAN / WEBB PBK 全サイズ入荷

ボストンウェリントンフロントにオリジナルのカシメ飾りを採用したモデル。今回PBKカラーの4サイズすべて揃いました! ライトカラーレンズサングラスもご用意しております!EYEVAN WEBB ¥37,000+tax

more→
new

kearny / hans 一山クラウンパントメタルフレーム

日本人に合わせて鼻が密着するように工夫し生み出されたのがノーズパッドのない『一山式(イチヤマ)』眼鏡。クラウンパントのシンプルなメタルフレームで、全体の線が細く男女問わずシンプルな印象で着用頂けます。kearny / peaks|¥39,000+税

more→

Access

〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-13-11 ライラックハウス2F
TEL & FAX 03-6416-5573
(中目黒駅から池尻大橋方面へ目黒川沿い徒歩7分)

hours:open 12:00 / close 18:30 (定休日なし)
TEL & FAX :03-6416-5573
mail : info@props.tokyo